【ノンアルビールランキング】全8種を飲み比べてみた

 

前回、クラフトビール好きが選ぶ、本当にうまいノンアルビールはこれだ!!という記事を書きました。

 

結論から言うと、今回も結果は同じで、「ブローリープレミアムラガー」(輸入元 ドウシシャ)が一番うまいです。

 

ブローリーはAmazonで買えますが、コンビニでは買えないので、もっと手軽にノンアルコールビールを飲みたいという方のために、クラフトビール大好きで、ビール飲みに飲んで10年の私がそれぞれの味の特徴をランキングでご紹介します。

 

1位 ブローリー

 「ブローリー プレミアムラガー」(輸入元 ドウシシャ 原産国オーストラリア)

飲みごたえ抜群のビアテイスト飲料(アルコール分0.9%以下)。軽めのホップの苦み、モルトの香りも感じられる。コクは中程度で、やや甘め。ノンアル系飲料は、ぬるくなるとまずいことが良くあります。ブローリーは多少ぬるくなっても飲めるから、ゆっくり飲めます。原材料も麦芽、しょ糖、ホップ、大麦とシンプル。

弱点は、しょ糖を加えているため、糖質が多い点。1缶あたり8.7グラムの糖質量があります。アルコールがちょっと入っているので、運転前は控えたほうがよさそうです

2位 麦のくつろぎ

「麦のくつろぎ フルーティーな香り、麦の味わい。」(サッポロビール)

パッケージに書いているだけあって、ややフルーティ感があります。小麦を使ったヴァイツェンっぽい香りです。この香りのおかげかもしれませんが、アルコール0.00パーセントなのに、ビール飲んでいる感があっておいしいです。やや酸味は強い。コクがあって飲みごたえあります。人工甘味料のアセスルファムKや香料、安定剤などいろいろ入っているのがマイナスポイント。

 

3位 龍馬1865

「龍馬1865 まさにビールを飲むが如し」(日本ビール)

ややスッキリ薄味。のどごしあり。ノンアルコールビールならではの変な味がしません。ロースト麦芽とホップの苦みもいい感じです。ただ、結構甘いのでジュース感があります。麦芽、ロースト麦芽、ホップが原料で、プリン体ゼロ、添加物ゼロなのもうれしい。糖質量は10.1と高め。

 

4位 オールフリー

「オールフリー」(サントリー)

安定のノンアルコールビールオールフリー。のどごししっかり、コクもあり、変な後味もしません。糖質ゼロなのはうれしいですが、アセスルファムKなど入っています。

 

5位 ドライゼロ

ドライ ゼロ(アサヒビール)

アサヒビールらしく、とにかくのどごしにこだわった感じ。コクなし、クセなし、飲みやすさ重視。ただ、スッキリしすぎていて清涼飲料水感あります。糖質ゼロ、カロリーゼロはうれしい。アセスルファムKや香料などいろいろ入っています。

 

6位 プレミアム

プレミアム アルコールフリー(サッポロビール)

酸味が強い良い印象。酵母が入っているので、酵母の香りがする。のどごししっかり、コクもあります。ただ、全体的に甘みが強すぎる。これまで紹介した中では最多1缶あたり10.5グラムの糖質が入っています。原料は、麦芽、ホップ、酵母、酸味料、香料。

 

7位 ドライゼロフリー

ドライゼロフリー(アサヒビール)

のどごしはしっかり。後味の変な酸味、とにかくスッキリ、コクはない。糖質ゼロ、人工甘味料0、プリン体0など成分面で頑張っていますが、味や香りの面ではいまいち。ちなみに甘味料はステビアを使っています。

 

8位 オールフリーオールタイム

オールフリーオールタイム(サントリー)

透明色しているペットボトルに入ったあれです。酸味がとにかく強い。スッキリしすぎていて、コクやビール感は皆無。「ビアフレーバーウォーター」なら納得できるような味です。

 

まとめ

やっぱりちょっとアルコールの入りの「ブローリー」が一押しです。味と香りともにビールの満足感を得るならコレ!。一方、添加物多いですが、サッポロの「麦のくつろぎ」も味としてはなかなか優秀でした。糖類もゼロなので、ダイエット目的の方は麦のくつろぎも選択肢だと思います。5位ぐらいまでは味の方向性に応じて、飲む価値あるかとは思いますが、それ以下はもう炭酸水でいいんじゃないか、と思いました。そのうち、キリンの「ゼロイチ」も飲んでみようかと思いますが、なかなかコンビニに置いてないんですよねー。参考になると幸いです。