【無駄な努力をやめよう】消耗しない節約術!

版権 : sabphoto (123RFより)

こんにちは。みなさん節約がんばってますか?

今回は、ムダな節約をしてはいけない!!というお話をしようと思います。

要するに、同じ「努力」をするなら、効果の大きなところを狙おう、という話です。

あなたを疲弊させるムダな節約術

・ポイントをムリにためる

・待機電力のためのコンセント抜き

・チラシで安い遠くの店に行く

・無料サンプルをもらいにいく

・安いからとまとめ買い

これらは全部、ムダな節約です。なぜか!!

「努力」が必要になるからです。あなたのこれまでの人生、胸に手を当てて考えてみてください。新しいことやってみようと思って続いたことはありますか?

さらに言えば、努力の割に節約効果が高くないのです。

エアコンを点けっぱなしにして出かけるとかなら光熱費は変わりますけれど、待機電力や電気を多少つけたり消したりしたぐらいでは、月々の光熱費は大きく変わりません。

 

無料の商品ゲットも、無料商品はあくまで「まき餌(え)」でほかの物を買わせよう、という罠がしかけてあったりします。近寄らない方が安全です。

 

どうせなら効果の大きい節約をしよう

どうせやるなら、同じ「努力」でも効果が大きい方にしましょう。

まずは、「固定費カット」が最優先です。

  • 1カ月以上通っていないフィットネスクラブ代金
  • 月1万円近く払っている高すぎるスマホ代
  • 特に必要ないのに加入してしまっている携帯のオプションやアプリ代金

など思い当たる節があったら、固定費カットについての記事を書いていますので、そっちをまず解決してみてください。

【節約】なぜかお金が貯まらない?無駄な固定費払っていませんか?

固定費が十分にカットされている方は、こんな努力をしてみましょう。

 

効果の大きな努力をしよう

・水筒を買ってコーヒーやお茶を持っていく

ペットボトル2本 300円×出勤日(21日)=6300円/1か月 ×12か月= 7万5600円/年

・お弁当を作って持っていく

毎日のお弁当代800円×出勤日(21日)=1万6800円 (-食材費) ×12か月 = 21万1600円/年

・コンビニに寄らない

コンビニ1回で300円のお菓子など×30日= 9000円/月× 12か月 = 10万8000円/年

 

特におすすめは水筒節約です。水筒を持っていくことで、飲み物を買いにコンビニに行くことがなくなります。

そうすると、相乗効果で、「飲み物を買ったときにコンビニでのついで買いを防ぐ」節約もできてしまいます。

お弁当は結構時間かかるため、できる方だけでいいと思います。

「お弁当」というと、構えてしまいますが、要はきちんと栄養がとれればいいので、簡単に野菜と卵、野菜とベーコンなどの「ホットサンド」なんてのもありですよね。

これなら、フライパンと押し付ける用の平皿があれば15分ぐらいでぱぱっと作れてしまいます。

ホットサンドはおいしいのでオススメです。(ただ、毎日だと流石に飽きるのでほどほどに)

ちなみにこのsistemaの「トゥーゴー サンドイッチ 450(450ml)」 は、普通に売っている食パン2枚で作ったほっとサンドがジャストサイズで入るので使っています。オススメです。

 

水筒持参と弁当を習慣化できるとすごく強いですよ~。

「努力」を「習慣」に転換できると、面白いように節約が進みます。

まとめ

節約をするなら、効果の大きなところで

・まずは固定費カット、次に出費の大きなところの節約を図る

・待機電力のためのコンセント抜き、チラシで安い遠くの店に行く、無料サンプルをもらいにいくなどはムダ!先に、努力の効果が大きいところから始めよう。

・水筒持参の習慣化で、コンビニでのついで買いによるムダもカット!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください