版権 : dolgachov (123RFより)

私がオススメするかならず貯金できるようになるためのテクニックをご紹介します。最初に結論から言ってしまうと以下の4つです。

・固定費カット

・脱クレカ依存

・自分の支出を把握と抑制

・先取り貯金 

 

そして、「よし、貯金するぞ!!」と意気込むみなさんにいきなり冷や水を浴びせるようですが…

あなたの借金はどれぐらいありますか?

「そんなものないよ」と思った人、本当にそうですか?クレジットカード(クレカ)の支払いも立派な借金です。貯金体質になるためにはクレカはおすすめしません。 

質問です

□奨学金や起業、住宅ローン以外のいわゆる浪費的な借金はありませんか?
□クレカの支払いが毎月手取りの40%以上ありますか?
□複数回クレカの引き落としが出来なかったことは?
□使うクレカが4枚以上ありますか?
□給料日前はお金がなくて、クレカでしのいでいませんか?

 

チェックが一つでも付いた方。なるべくクレカ依存や借金依存を下げた方が良いタイプの方です。私、平野麦もこのタイプでした。枚数もなるべく減らして、普段遣いするカードは口座からすぐに引き落とされる「デビットカード」にしてみませんか?

 

こういうのって、たいてい、給料日とクレカの支払日がズレていることも、感覚をにぶらせるんですよねぇ。

信販会社に連絡すれば、銀行口座振り込みでの返済も受けつけてくれます。給料日や貯まっている貯金をつかって、一度全てすっきり支払ってしまいましょう。

振込手数料はべんきょう代だと思ってください。

貯金戦略をアップデートせよ!

私の考える貯金の戦略は、大きく4つあります。

固定費カット、脱クレカ依存、自分の支出を把握と抑制、先取り貯金です。 

1.固定費のカット
無駄な毎月の支払い「固定費」をけずる。例えば、行っていないフィットネスクラブ会費、見てないサロン代、高すぎる生命保険料、読んでいない雑誌の定期購読、タバコ、お酒代金、高額な携帯代金(格安SIMにしよう)、見ていない動画サイトなどのムダをけずります。

2.脱クレカ依存
次の給料日にクレカ業者に連絡を取り、振り込みで全額支払って借金を清算する

可能なものはデビットカード払い、銀行口座引き落としに変更する。

クレカでしか支払いできないもの(格安SIMやsuicaのオートチャージ)以外の支払いをなるべくやめる。

めんどくさい作業なので、これについては、ネットなどで明細を確認して不要な固定費の支払いを続けていないかチェックするだけでも大丈夫です。しかし、最低限明細チェックはしてください。

3.家計の把握と抑制
レシートと自動家計簿アプリで家計の状況を知る

「無駄だな」と思うレシートはとっておいて、給料日に反省

自動貯金アプリ「finbee」を使って、貯まるまでがまん貯金をして、服や欲しいものなど高額の支出を制限する

4.先取り貯金
給料日当日に貯金口座にお金を移す。これによって、自分が使えるお金が、あといくらあるのかが分かるようになります。

+α 資産運用

手取りの半年分が貯まったら、それ以降の貯蓄はインデックス投資信託など低リスクから始めることを検討します。

この4つをうまくやっていけば、貯金は必ずできます。

 

先取り貯金と家計の使い過ぎ、無駄遣いチェックを毎月行う。そして、3か月から半年ごとぐらい固定費に無駄がうまれていないかチェックします。

そして、投資ですが、これはくれぐれもお金が手取りの半年分貯まってからにしてください。

現金の貯金がないということは、非常にリスクが高いと言うことです。

何か大きな病気になった時、会社をリストラされたとき、先立つものがあれば、そこから立ち直ることが出来ます。

リストラにあって、預金があれば、じっくり次の就職先さがせますよね?もちろん雇用保険もありますが、お金が手元にあるということは、自分の生活を守るために重要なことです。

まとめ

・ムダな固定費を見つけてカット!

・なるべくクレカを使わずに家計を見える化しよう

・そもそも自分が何に使っているかを把握しよう。知って初めて節約できる。

・給料日に、貯金する分は別口座へ。先取り貯金!

 

以上が私の考える貯金の戦略です。お金を貯めて選択肢を増やそう、自由になろう!